福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【オーストラリア】クイーンズランド大学語学研修レポート

国際交流ブログ

【オーストラリア】クイーンズランド大学語学研修レポート

【派遣先】クイーンズランド大学 【留学期間】2018年8月~9月
経済経営学類2年 長沼 梢惠

 私は前々から「行きたい国は?」と聞かれたら必ず「オーストラリア」と答えるくらい行ってみたい国でした。なので、学校の短期留学募集でオーストラリアの国を見つけた瞬間直ぐに両親に相談し、応募することになりました。
 実際に8月24日〜9月29日の約5週間をオーストラリアで過ごし、ネイティブの英語に触れ、ホストファミリーとの生活などを通して、本当に素晴らしい経験をすることができました。

授業について

 大学の初日に四技能のテストがあります。テストは難しさというよりも量が多く、時間内に解ききることができなかったので、時間配分に気をつけた方がいいと思います。特に印象的だったのがSpeakingのテストで、家族構成を聞かれたときにトイプードルを飼っていると言ったら、フレンドリーな面接官が「私も飼ってるの!特別に見せてあげる!」と言って犬の写真を見せてくれる位和気藹々としたテストでした。

 そのテストの合計点でクラス分けされます。丁度夏休みで日本人大学生が多く短期研修に来ていて、クラスの八割が日本人で残りの二割は中国、サウジアラビア、メキシコ、コロンビアなど様々でした。もちろん授業は全て英語で、グループワークでも英語で話すので、自分が説明したいことや思ったことを英語に変換して話さなければいけませんでした。最初は文法がぐちゃぐちゃになりながら話して相手に伝わらなかったりして大変でしたが、だんだん練習していくうちに文を組み立てて話せるようになって、自分の成長を実感できました。また、先生も面白く、ジョークも交えつつ分かりやすく聞き取りやすい英語で話してくれて、クラスも自分から発言しようと積極的な雰囲気で授業はこんなにも楽しいものなんだと知りました。とても充実した学校生活を送ることができて、来てよかったと心から思っています。

▲クラスメイトとの写真

ホームステイについて

 私はホームステイという経験自体初めてで、出国前は死ぬほど不安で胃が痛くなっていました。私のホストファミリーはホストマザー、ホストファザー、子供達(15歳の男女の双子、20歳の長男)、プードルとラブラドールのミックスの犬1匹という構成でした。初日は大学にホストファミリーが迎えに来てくれて、家のルールなどを説明してもらいました。シャワーの時間には決まりがあって大体五分で済ませてほしいと言われ、毎日がタイムアタックでした。自分の部屋は何故かベットが二つあって今日は右で寝ようとか決めて寝てました。1日の流れとしては、朝ごはんは自分でトーストなどを焼いて食べ、学校から帰ってきて夕飯までの自由時間には犬と裏庭で遊んだり、双子の女の子と話したり、夕飯のお手伝いをし、夕飯を食べ終わったらアイスを食べながら家族で一緒に映画を観るという生活をしていました。もちろん映画は英語なので、学校の授業が大変で疲れていた日には頭に入ってこなくて白目剥いて寝そうになることもありました。

 英語の学習という面ではホームステイが1番良い経験だと思いました。リスニング、スピーキング共に伸ばす機会だと思うので、積極的に話しかけにいったほうがいいと思います。オーストラリアはなまりが強く、全く最初は聴き取れなかったです。それでもめげずにもう少しゆっくり話してほしいなど正直に言ってコミュニケーションを取ることで英語の学習にもなり、理解することでホストファミリーとも仲良くなれました。とても温かい家庭で、5週間という短い間でしたがかけがえのない思い出になりました。

 

休日

 私は大学の研修メンバーと土日のほとんどを使ってちょっと遠くに行ったり旅行に行ったりしていました。そこで、私が行った中でおススメ観光地を紹介したいと思います。

 まずゴールドコーストです。あまり時間がなく街の中をしっかりと回れなかったのですが、歩いていたら急に海が現れて驚きました。皆がオススメするだけあって水が澄んでいる綺麗な海でした。友人の1人が突然一生のお願いと言い出し私を砂に埋めたいと言い、オーストラリアの砂に埋められたことは生涯忘れられません。

 このゴールドコーストの近くにあるカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリという動物園もおススメです。そこでは様々なオーストラリアの動物を見ることができます。他にもコアラを抱っこしたり(写真撮影にはお金がかかります)、カンガルーに餌をあげたり、触ったりできる所もあります。私はカンガルーと触れ合うスポットが普段は経験できないことだと思うので、個人的には1番行った方がいいと思います。カンガルー達は暑いからか思ったよりも元気がなくて、蹴られないか心配だった私も触ることができました。

 次に勧めたいのが、モートン島です。私は1日ツアーで申し込んだのですが朝七時に集合で少しきつかったです。でもそれ以上に海がエメラルドグリーンに輝いていて眠さが吹き飛ぶ位感動しました。モートン島では砂すべりやシュノーケリング、カヤックを体験しました。砂すべりは木の板を使って坂を滑り降りるのですが、思ったよりも急なのでスピードが出てスリルがあって面白かったです。

 オーストラリアは観光地が多いので、5週間を使って行けるところは行っておいた方が良いと思います。

 

おわりに

  この5週間を通して、オーストラリアの生活の文化だったり、生きた英語を学ぶことができた本当に濃い短期語学研修だった思います。また、オーストラリアは自分の意見をはっきりと言う人が多いので、そこで暮らしていくうちに自分の意思をはっきり伝えられるようになりました。自分が成長できたのも、暖かく迎えてくれたホストファミリーや学校があったからだと思っています。もし迷っている人がいたら、私は行かなかったら後悔していたと思っているので、絶対に行った方が良いと思います。
 最後に、研修をサポートしてくれた家族、国際交流センターの皆様には本当に感謝しています。ありがとうございました。