福島大学トップ福島大学の国際交流 > 最新情報

その他:最新情報

 福島大学に係る最新情報をお伝えします。

 ここ近年、海外の治安情勢の悪化が顕著となっており、海外渡航にあたって事件・事故等のトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。そのため、国際交流センターでは、JCSOS(海外留学生安全対策協議会)に加入し、学生の皆さんが教育・研究活動で海外渡航を行う際には、JCSOSの提供する緊急事故支援システ...

 5月20日(土)、新潟県新潟市のクロスパルにいがた4階 映像ホールにて、2017年度「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト 新潟予選大会が開催されました。このコンテストは中国語を学んでいる大学生に、自身の中国語力を披露する場を提供することによって、中国語学習のモチベーションを向上させ、中国語や中国文...

 2017年5月10日(水)、ガブリエル・ドゥケ 駐日コロンビア共和国特命全権大使をお招きして講演会を開催致しました。講演に先立ち、ドゥケ 駐日大使は中井学長を表敬訪問し、「教職に就いていた経験を生かして、日本とコロンビアの大学間交流促進を図っていきたい。」とお話をされました。  表敬の後、M4教室...

「大学の世界展開力強化事業」平成28年度タイ・チェンマイ派遣(2017年2月16日~2月25日)の学内報告会が4月28日に行われ、計38名の教職員・学生が出席するなか、派遣学生6名がチェンマイでの学習について報告しました。 派遣学生は、本プログラムを通じた「タイ農業」に関する学びに加え、「微笑みの...

2017年2月16日~2月25日(10日間)にかけて、「大学の世界展開力強化事業」の短期派遣プログラムとして、福島大学生6名がタイ・チェンマイに滞在しました。 本チェンマイ・プログラムには福島大学生6名、新潟大学生9名・トルコ人学生4名(アンカラ大学2名/エーゲ大学2名)が参加し、加えてチェンマイ...

対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト(Tomodachi Kakehashi Inoue Program)」の学生交流プログラムにより、アメリカ・セントトーマス大学へ派遣される18名の学生が2月16日に中井学長を表敬訪問しました。カケハシ・プロジェクトは、アメリカの文化に直接触れるとと...

 2月16日、大学の世界展開力強化事業協定校でもあるトルコ・エーゲ大学農学部より、BOLCA学部長、COKUYSAL副学部長が来日しました。 福島大学は、平成27年度大学の世界展開力強化事業に採択され、新潟大学農学部の連携大学として事業を展開しています。学長表敬訪問では、世界展開力強化事業による学生...

平成29年2月22日~3月1日に実施する日本国際協力センター主催・KAKEHASHIプロジェクト「セント・トーマス大学交流プログラム」の参加学生が決定しましたのでお知らせいたします。こちらからご確認ください。(派遣決定者学籍番号掲載)...

後期より入学した留学生15名が中井学長を表敬訪問しました。留学生たちが自己紹介や福島大学で学びたいことを述べた後、中井学長から「早く福島での生活にになじんで下さい。そして限られた時間を大切に使い、良い思い出を沢山作ってほしいと思います。」とのメッセージが送られました。後期の留学生は、国費留学生1名(...

第9回目となるFukushima Ambassadors Programが、8月1日~8月11日にかけて行われ、留学生と日本人学生が共に、震災・原発事故後の福島と復興への取り組みについて学びました。 今回は22名の留学生が参加し(トルコ12名、アメリカ5名、ドイツ4名、中国1名)、福島大学・会津大...