福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【ドイツ】交換留学最終レポート

国際交流ブログ

【ドイツ】交換留学最終レポート

【派遣先】ルール大学ボーフム   【留学期間】2016年4月~2017年3月
行政政策学類 大森 みなみ

 昨年度の約1年間、ドイツにあるルール大学ボーフムで交換留学生として学んできました。出国前は海外での生活に対して不安に思うところが多々あったのですが、帰国したときは「今すぐドイツに帰りたい」としか思わなかったくらい、1年弱の留学生活、本当に楽しかったです!

ドイツ語の学習

 オリエンテーションコースに参加する学生は、まず最初にコース内に組み込まれているドイツ語の授業を受けます。こちらはクラスが3つしか用意されておらず、自分のドイツ語力に合わない難しいクラスで勉強しなくてはならなかったので毎日の予習復習がとても大変でした。

 そのコースを受けた後、大体の留学生はDaF(ルール大学が留学生向けに提供している無料の授業)を受講します。こちらはA1.1からC1までクラスが豊富にあるので、自分のレベルにあったクラスで勉強することが出来ました。DaFの授業は週に二回しかないので、他にルール大学の授業やゼミを取ることや、AStAという有料のドイツ語コース(週4回、約3か月で240ユーロ)の受講をお勧めします。

 私はタンデムという言語の相互学習システムを主に活用しました。日本語を勉強したい学生はドイツ人に限らず沢山いるので、タンデムパートナーは簡単に見つけることが出来ます。私は前期にドイツ人4人、後期はドイツ人6人と韓国人2人とタンデムをしていました。タンデムパートナーは語学学習のパートナーというよりも本当にただの友達といった感じで、ボーフムの美味しいカフェに連れて行ってもらったり、クリスマスやお正月を彼らの実家で過ごしたりしました。また、一人タンデムパートナーがいるとその家族や友達、といった形でどんどん交友関係が広がっていきます。例えば、タンデムパートナーは日本語を勉強している学生が多かったのですが、そういう学生は韓国やその他アジアについても同時に勉強しているのがほとんどです。そのため、タンデムパートナー経由で韓国人と仲良くなることが多々あり、自分自身も韓国文化が好きになり、韓国語を勉強し始めました。

 私はドイツに行ってからとにかく自分の聞き取りと会話の出来なさを痛感したので、タンデムの時間を多くとり、ドイツ語のリスニングと会話力の向上に努めました。リスニングや会話についてはとにかく慣れるしかないと思うので、留学前はできるだけドイツ語の語彙をできるだけ増やしておくことが大切だと思います。
 

 

生活

 ボーフムでの生活はとても暮らしやすいものでした。私がそう思った点を書いていくと、

・福島と比べて夏が涼しく、冬は温暖で雪がほとんど降らない

 福島のあの夏の嫌な湿気がありません。(でもクーラーもありません(笑))

・物価がとても低い

 食料品でも美容品でも衣料品でも、ほとんどのものが日本よりも安いです。食料品に関しては日本の半分くらいにも感じました。自炊すると食費はすごく節約できます。

・交通費がかからない

 ルール大学の学生証を持っていれば、大学までのバスや電車をすべて無料で利用することが出来るほか、ドルトムントやデュッセルドルフといった近郊の都市までの移動もタダになります。さらに学期ごとに3万円ほど納めると、NRW州内の公共交通機関が乗り放題になるゼメスターチケットを印刷することが出来ます。

・治安がいい

 ボーフムはかなり治安のいい街で、夜に一人で出歩かないとか、危なそうな場所に近寄らないとか、そういう基本的なことに気を付けていれば普段生活していて危険な場面に遭遇することはありませんでした。むしろボーフムを含めドイツの人々はとても優しくて接しやすいです。そういう環境にあったためか、外国で知らない人に声をかけるのは全く怖くなくなりました。

旅行

 ヨーロッパはバスや飛行機を使って格安で旅行することが出来ます。一番安かったのはポーランドに行った時の飛行機片道800円で、とても日本では考えられません。この安さは旅行しないともったいないと思い、いろいろなところに旅行しました。イギリスに一人で行った時には、あまりの自分の英語の出来なさに本当に英語を勉強しないとだめだと思ったのと同時に、自分の小学生英語でも意外と何とかなるという妙な度胸がつきました。

 交換留学を通してかけがえのない友人を得、多くの貴重な経験をすることが出来ました。移民問題やEU内の経済格差、テロリズムは日本にいた時よりもより身近になり、それらの問題についての関心はますます深まり、また、危険な地域というイメージが強かったシリアやアフガニスタン、反日感情ばかりがクローズアップされがちな韓国や中国、それらの国の学生と親交を重ねる中で、どの国の学生も変わらないということ、今ある問題を少しでも解決に近づけていくためにもっと自分が国際情勢を学んでいきたいということを強く思うようになりました。

留学していた一日一日が私の人生の財産であると感じています。これらの財産を今後もっと活用していけるようにこれからもドイツ語はもちろんたくさんのことを勉強していきたいです。