福島大学トップ福島大学の国際交流留学生の皆様 > 民間アパート・保険

民間アパート・保険

日本の民間アパートについて

 アパートは、台所、風呂、トイレ付きで月額30,000~45,000円程度です。以下に、日本の民間アパートの特徴を記載いたしますので参考にしてください。
【特徴】

家具、調度品等はついていません。自分で購入します。

アパートを借りる際は、毎月の家賃の他、権利金(礼金)、敷金などの一時金を払うのが一般的です。(一時金の額は、毎月の家賃の1~2ヵ月分が相場)

1年以内に退去する場合は、違約金として家賃の1ヵ月分を追加で支払うことがあります。

退去の1ヵ月前に退去することを必ず伝えます。
(伝えない場合は、通常の家賃に加え、1ヵ月分の延滞金を支払わなければなりません。)

 なお、アパートに入居する時は、保証人が必要です。日本での保証人がいない留学生(福島市内に居住する者に限る)は、以下の「留学生住宅総合補償」に加入することで、大学が保証人となりますのでぜひご利用ください。

留学生住宅総合補償(保証人保証)

 アパート等へ入居するためには保証人が必要です。保証人を探すのが困難である場合、大学の指定する保険(留学生総合住宅保証:公益財団法人日本国際教育支援協会)に入ることを条件に大学が保証人になりますので、アパートに入居する時は、必ず加入してください。(但し、福島市内に居住する留学生に限ります。)
 掛け金は、1年間4,000円、2年間8,000円です。

補償内容

1.留学生賠償責任(日常生活に起因する事故、居住施設の所有・使用または管理に起因する事故によって、他人にケガをさせたり、他人のものを壊したりして損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合の補償 → 5,000万円まで

2.傷害後遺障害 留学生本人が、偶然的な事故によるケガがもとで″後遺障害“を被った場合の補償)→ 240万円まで

3.保証人補償(留学生に代わって家賃および共益費、賃貸住宅等の修理または原状回復の費用の保証債務を支払った場合)→ 30万円を限度とする実費

問い合わせ・申し込みは、国際交流センターまで (補償内容の詳細はこちら)

留学生保険

 日常生活を心配なく送るために、以下の保険制度があります。加入は任意ですが、万が一のためにできるだけ以下の留学生用保険に加入しましょう。

1.学生教育研究災害傷害保険(病気やけがへの補償)

 全学生を対象に大学で斡旋しているもの。大学内での、授業中・学校行事・課外活動中に、事故にあった時の災害補償制度です。この保険は、研究生・聴講生・科目等履修生も加入できます。
問い合わせ・申し込みは、学生課・学生生活支援担当まで (詳細はこちら)

2.学生総合共済(病気やけがへの補償)

 学内外どこでも日常生活中の本人の病気やケガを24時間保障します。
問い合わせ・申し込みは、大学生協まで

3.学生教育研究賠償責任保険(他人・対物への補償)

 教育研究活動中に他人に怪我をさせたり、他人の財物破損させたことにより被る法律上の損害賠償を補償する制度です。他人に損害を与えたことに対する賠償責任保険です。学研災(学生教育研究災害障害保険)に加入していることが条件です。
問い合わせ・申し込みは、学生課・学生生活支援担当まで (詳細はこちら)