福島大学トップ福島大学の国際交流留学生の皆様 > 在留資格関連手続き

在留資格関連手続き

在留カード(入国管理局)※旧「外国人登録証明書」

在留カード(入国管理局)

 3か月以上日本に滞在する外国人は、すべて「住民基本台帳制度」の対象となり、渡日後90日以内に、居住する地域を定め、入国管理局にて在留カードの発行を行わなければなりません。福島での住所が決まったら、入国管理局で手続きをして下さい。
 なお、住所、氏名、在留資格、在留期間等の変更があった場合、または、在留カードを紛失した場合は、14日以内に管轄の入国管理局に届け出て下さい。
手続期間 渡日後90日以内
必要書類

申請書

写真1枚(縦40mm×横30mm、写真の裏側に氏名を記入し申請書に貼付)

パスポート

大学書式 なし
関連HP 法務省(在留カード交付申請:外国人登録証明書からの切り替え)
法務省(在留カード交付申請:外国人登録証明書を所持していないものからの申請)
備 考 入国後の場合、手続き書類を大学より入国管理局に送付する制度(取次申請)があります。詳しくは、国際交流センターに相談ください。

国民健康保険(市町村役場)

国民健康保険(国保年金課等)

 在留期間3か月以上の外国人は 「国民健康保険」 に加入しなければなりません。この保険に加入することにより、医療費の負担は3割で済みます。保険に加入するには掛け金が必要ですが、大きな病気や怪我で入院した場合などには大変有利です。加入手続きは、市役所・国保年金課に相談ください。
 なお、福島市では、留学生が国民健康保険に加入した場合は、個人負担額相当分を補助します。福島市在住の留学生が国民健康保険に加入する場合、当初は本人が保険税を支払いますが、本人の申請により保険税相当分が生活補助金として支給される予定です。

国民健康保険(国保年金課等)

所在地 :〒960-8601 福島市五老内町3番1号
連絡先  電話:024-535-1111(代)  FAX:024-535-7311(代)
交通 福島交通バス:市内循環「市役所前」停留所より徒歩1分
福島市ホームページアドレス http://www.city.fukushima.fukushima.jp/

在留資格の変更(入国管理局)

 在留資格の変更が必要な方は、以下のとおり行ってください。

在留資格の変更

 留学生が学習・研究を修了して日本国内に就職する場合、あるいは留学生等の家族として入国したが、新たに大学へ入学する場合等は、入国管理局に申請して在留資格の変更をしなければなりません。
 *収入印紙は学内の大学生協で販売しています。
手続期間 在留期間が満了する3ヵ月前から受け付けます。
必要書類

在留期間更新申請書

写真1枚(縦40mm×横30mm、写真の裏側に氏名を記入し申請書に貼付)

在留カード(または在留カードとみなされる外国人登録証明書)

パスポート

在学(籍)証明書

学業成績証明書

4,000円の収入印紙

大学書式 なし
関連HP 法務省( 在留資格変更許可申請)
備 考 手続き書類を大学より入国管理局に送付する制度(取次申請)があります。詳しくは、国際交流センターに相談ください。

在留資格の更新(入国管理局)

 在留資格の更新が必要な方は、以下のとおり行ってください。

在留期間の更新

 「留学」ビザで日本に滞在できる期間は、上陸許可を受けた日から最大で4年3月です。この期間を越えて在学する場合は、延長手続きをしなければなりません。
手続期間 在留期間が満了する3ヵ月前から受け付けます。
必要書類

在留期間更新申請書

写真1枚(縦40mm×横30mm、写真の裏側に氏名を記入し申請書に貼付)

在留カード(または在留カードとみなされる外国人登録証明書)

パスポート

在学(籍)証明書

学業成績証明書

通帳の写し(過去6か月分と通帳の名前が記入されている部分のコピー)

4,000円の収入印紙

(留年する場合)上記に加えて、大学からの推薦状

大学書式 なし
関連HP 法務省( 在留期間更新許可申請)
備 考 手続き書類を大学より入国管理局に送付する制度(取次申請)があります。詳しくは、国際交流センターに相談ください。

再入国許可申請(入国管理局)

一時出国及び再入国について

 休暇期間中等に一時的に出国する場合は、入国管理局で再入国許可申請を行い、「再入国許可書」を入手してから出国して下さい。
 平成24年7月9日より、1年以内の出国については、再入国許可申請を行う必要がなくなりました。
手続期間 出国する前
必要書類

再入国許可申請書

写真1枚(縦40mm×横30mm、写真の裏側に氏名を記入し申請書に貼付)

在留カード(または在留カードとみなされる外国人登録証明書)

パスポート

手数料(収入印紙代)(一回のみ:3,000円、数回;6,000円)

大学書式 なし
関連HP 法務省(再入国許可申請)
備 考 手続き書類を大学より入国管理局に送付する制度(取次申請)があります。詳しくは、国際交流センターに相談ください。
注 意 【再入国許可の確認】

※再入国許可を得ないで1年以上出国した場合、また再入国許可期限内に日本へ戻らない場合は、新たに入国手続きをすることになりますので注意して下さい。

【帰国時について】

帰省等日本を離れる場合は、必ず国際交流センターに届けを提出してください。
用紙は国際交流センター窓口にあります。

特定活動申請(入国管理局)

大学を卒業した留学生が、卒業後「就職活動」を行うことを希望する場合

 本学を卒業した留学生(聴講生、科目等履修生、研究生を除く)が、大学を卒業後、日本にて就職活動を継続する場合には、在留資格「特定活動」を取得しなければなりません。休暇期間中等に一時的に出国する場合は、入国管理局で再入国許可申請を行い、「再入国許可書」を入手してから出国して下さい。
手続期間 大学卒業の3か月前より
必要書類

在留資格変更許可申請書

写真1枚(縦40mm×横30mm、写真の裏側に氏名を記入し申請書に貼付)

在留カード(または在留カードとみなされる外国人登録証明書)

パスポート

通帳の「口座名義」及び「最新の口座残高がわかるページ」の写し

福島大学の卒業証明書(卒業前の場合は、卒業見込証明書)

福島大学にて発行する継続就職活動についての推薦状

就職活動を行っていることを明らかにする資料(例:就職活動中の不採用通知)

大学書式 推薦状発行願
関連HP 法務省(特定活動9(特定活動への在留資格変更許可申請))
備 考 手続き書類を大学より入国管理局に送付する制度(取次申請)があります。詳しくは、国際交流センターに相談ください。
注 意 【特定活動の許可期間】
※特定活動許可期間は、6か月です。その間に就職が決まらないときは、さらに更新して6か月(1回目と合わせて最長1年)の期間活動することができます。

在留資格認定証明書申請(入国管理局)

初めて日本に入国する留学生の方へ

 福島大学にて学ぶために初めて日本に渡航される場合は、日本への渡航前に在留資格認定証明書を取得しなければなりません。
手続期間 大入学手続後~母国を出国する前まで
必要書類

在留資格認定証明書交付申請書

写真1枚(縦40mm×横30mm、写真の裏側に氏名を記入し申請書に貼付)

パスポートの写し

合格通知書の写し

入学予定証明書(大学にて発行)

経費支弁者の在職証明書および資金残高が確認できる書類

大学書式 なし
関連HP 法務省(在留資格認定証明書交付申請)
法務省(留学ビザ必要書類)
備 考

※在留資格認定証明書が発行された場合は、郵送いたします。この証明書を持って、母国の日本国大使館にて留学ビザ発行の手続きをお願いいたします。

※留学ビザ発行のために必要となる書類については、各国にある日本国大使館にお問い合わせください。(事前の確認をお勧めいたします。)

注 意 【発行にかかる日数について】

※在留資格認定証明書の発行には1~3か月程度かかりますので、余裕を持った申請をお願いいたします。