福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流 > チューター・サポーター

チューター・サポーター

チューター制度について

福島大学に在籍する外国人留学生(以下「留学生」)に対して、学生による学習上の援助及び生活上の指導を行い、留学生の学習・研究効果の向上及び環境への適応を図ることを目的としています。

チューター申込条件

 チューターを申し込む留学生、チューターになりたい学生の条件は以下のとおりです。

留学生の条件

 対象となる留学生は次のいずれかに該当する者とします。
  • 学類正規生:入学後最初の2年間
  • 大学院正規生及び研究生:入学後最初の1年間
  • 特別聴講学生(交換留学生):留学期間
  • その他、指導教員が特に必要と判断した者

チューターになりたい学生の条件

 対象となる日本人学生は以下のとおり。
 福島大学に在籍する学類2年次生以上の学生及び大学院生(非正規生を除く)の者の中から、本人の希望等を考慮し国際交流センターが選定します。(指導教員からの推薦も可能です。)日本で1年以上の留学期間を経験した留学生がチューターを担うことも可能とします。

実施期間及び時間数

  • 実施期間:毎年度4月から翌年12月の7か月間実施します。(但し、8・9月は実施外となります。)
  • 年度途中の場合は、申込の翌月~12月とします。
  • 実施時間は週1回2時間程度を目安として下さい。

申込書(チューターがほしい留学生)

留学生の申込

 申込は随時行っております。国際交流センターまで申し込んでください。

申込書(チューターになりたい学生)

チューターの申込

 申し込みは随時行っております。積極的な申込をお待ちしております。
 なお、指導教員からの推薦があれば、ゼミ等の学生と積極的なマッチングを行いますので、チューターとして補助したい留学生が決まっている場合はご利用ください。

チューターの活動内容例

留学生の学習や生活に関する心配を取り除くこと!

勉強面でのサポート

  • 日本語会話・日本語学習・日本語についてのアドバイス
  • 講義の予習・発表の際の補助
  • 履修登録の補助
  • 大学院入学試験等の補助
  • 学内施設の案内・利用方法の説明
  • その他、福島大学での勉学について補助可能な事項

生活面でのサポート

  • 外国人登録・国民健康保険加入など市役所で行う各種手続きの補助
  • 銀行・郵便局の口座開設の補助
  • 日常的な買い物をする店の案内
  • 留学生関係のイベントへの参加
  • 奨学金申請・授業料減免申請等の各種申請の補助
  • 電車、図書館など公共機関についての紹介および情報提供
  • 日本文化の紹介
  • その他(呼び出し・掲示の連絡、日常生活のためになる情報提供)など

チューターの心構え

  • 留学生は様々な社会・政治・文化圏から来ています。相手の文化を尊重する思いやりの心を持ち、十分に話しあうことが大切です。
  • どのようなサポートが望ましいかは留学生の事情によって異なります。どの様な方法でどのようなサポートを行っていくか、適切な計画を立ててからチューター業務をスタートさせてください。
  • 出来ないこと、分からないことがあっても責任を感じたりする必要はありません。個別の問題をどのように調べればいいか、どこへ相談すればよいかを留学生にアドバイスできれば十分です。
  • チューターとしてトラブルが起こった時、迷った時、一人では解決するのが難しいと思った時はすぐに国際交流センターや指導教員へご相談ください。