福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【中国】留学レポート

国際交流ブログ

【中国】留学レポート

【派遣先】華東師範大学   【留学期間】2017年2月~派遣中
人間発達文化学類3年 本田 理沙

 ▲北京 万里の長城

はじめに

 私は今年の2月から中国、上海の華東師範大学に留学に来ています。上海に留学に来て、早くも三か月が過ぎました。もともと海外に興味があり、留学してみたいという思いはあったものの、まさか自分が留学しているとは、と今改めて感じています。上海に来たばかりの時は、ここで1年間も過ごしていけるかなどという不安がとても大きかったですが、今はだいぶ慣れ、とても楽しいです。変化が大きかったこの三か月は、長いようであっという間に過ぎていきました。
 2月18日から、初めての中国、初めての寮生活、中国語が全く分からない、という生活が始まりました。

学校生活について

 2月20日から授業が始まり、私は初歩の1-2クラスになりました。第二外国語でもなかった中国語、留学の前にほんの少し勉強したくらいで、全くと言っていいほどわからない。1番難しかったのは発音です。日本語にはない発音が多く、私はクラスの中でも特に苦手でした。最初の1,2か月は発音に苦戦しました。
 クラスは全部で20人くらいで、韓国人が大部分を占めており、日本人は5人程、あとはウクライナ人、アメリカ人、イギリス人がいます。私のクラスは仲が良く、みんなでよくご飯を食べたり旅行に行ったりしています。
 授業は平日の午前中だけで、そのあとお昼ご飯を食べます。お昼はクラスの韓国人の友達と一緒に食べることが多いです。学食は一食100円から200円程度で食べられます。正直来たばかりの時はあまりおいしいとは思えませんでしたが、最近は慣れてきたこともあり、どれがおいしいかわかるようになり、よく利用しています。午後は友達と買い物に行ったり、近場を観光したり、学校で行われる漢語角という会に行って中国の文化についてのプレゼンを聞いたり、映画を見に行ったりして過ごしています。 また、私はプラスで週一の二胡の授業をとりました。二胡の授業をとることで、クラス以外の友達もできたり、先生と仲良くなったりと、人間関係の輪が広がりました。後期も先生が教えてくださるというので楽しみです。

 
▲学食の辣肉面5元(100円ほど)


▲二人部屋の寮(ベッド、机、写ってないが手前に大きいタンスがある。トイレ、シャワーは部屋にはなく、階全体で共同のものを使う)

 

休日

 休日の時間がある日は、朝公園に行って太極拳に参加しています。中国人はみんな早起きで、元気だと感じます。どこでも太極拳やダンスをしている姿を見かけます。中国人に交じって太極拳に参加しているのですが、最初は全然会話できなかったのが最近は簡単な会話をすることができるようになり、自分の成長がわかってうれしいです。うまくなったねと言われ、もっと勉強を頑張ろうという気になります。やはり机上の勉強だけではなく、実際に中国人と話すことは語学を勉強する上でとても重要だと感じました。
 また、私は休日は旅行にいくことが多いです。新幹線のようなものを使って、上海から近いところでは杭州、蘇州、無錫、遠いところでは北京に行きました。高校生の時に世歴史が好きだったということもあり、その意味でも中国はたくさんの歴史があるので面白いです。旅行は、華東師範大学の学生である中国人の友達や、韓国人、日本人と一緒にいくことが多いです。7、8月は夏休みなので、その間にこの広い中国を旅行できたらいいなと思います。
▲中国人の友達との蘇州旅行(二泊三日、初めてのゲストハウスでの宿泊)

 

中国について

 日本で暮らしていると、中国について良いイメージを持っている人は少ないように思います。 私は三か月中国で過ごしてみて、今までの考えとは違ったいろいろな側面を見ることがでたと感じています。
 人については、中国に来る前は中国人のことがよくわからなかったのですが、中国人の友達ができ、また日常生活でも中国人と接していくうちに、中国人に対するイメージが変わりました。まず、人同士の距離が日本人より近いと思いました。中国人の友達はみんな優しく、いろいろな面で助けてくれます。
 ネット事情についてですが、中国ではグーグル、フェイスブック、ラインは使うことが出来ませんが、日本より発展していると感じました。公共自転車アプリや、出前アプリ、銀行と連動して携帯で支払いができるアプリ、通販アプリなど、便利なアプリがたくさんあり、どれも日本よりとても使い勝手がいいと感じました。 またWi-Fiが多いのも助かります。
 PM2.5についてですが、中国に来たばかりの頃は喉がイガイガし、違和感を感じていました。最近は天気がいい日が多く、ほぼ気にならなくなりましたが、ひどいときはマスクをするようにしています。 また、上海は交通の便が良く、とても便利です。地下鉄やバス、また自転車をよく使っています。タクシーも高くないので時々使います。
 交通費は安いですが、生活用品の物価や、外食した時の費用は日本とあまり変わらないように感じます。

 

これまでとこれからについて

 三か月中国で過ごし、たくさんの新しいことに出会い、現地での友達もできて、毎日が楽しいです。これからもっと中国語を勉強・使用してより語学レベルを上げたいと思います。留学は思ったよりも時間があるので、いろいろなことにチャレンジして自分の可能性を広げたいと思います。また、前に一度福島県の上海事務所に行ったのですが、近いうちにもう一度訪れて、福島県と中国の関係なども知ってみたいと思いました。
 旅行もたくさん行って、自分の目で中国を見ていきたいです。
 友達関係についてですが、今までできた友達を振り返ると、ほぼ韓国人なので、これからは英語圏の友達も作って自分の視野を広げ、たくさん成長できるよう充実した一年にしたいと思います。

▲クラスメート