福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【オーストラリア】留学レポート

国際交流ブログ

【オーストラリア】留学レポート

【派遣先】クイーンズランド大学   【留学期間】2017年8月~9月
行政政策学類3年 伊藤 靖臣

 8/24〜9/30までの5週間を学習・日常生活・費用の3点に分けて、自分の経験をもとに述べる。

学習について

 はじめに、学習についてだが、語学研修の名の通り、オーストラリアにあるクイーンズランド大学の中のICETEという場所で平日英語のみの授業を受ける。曜日ごとにスピーキング、リスニング、ライティング、リーディングとそれぞれ分かれており、クラスによっては特定の曜日だけ教師が異なることがある。実際私のクラスも水曜日だけ普段と異なる先生が授業を行なっていた。 授業の内容は、基本的にICETEのテキストに沿って行われる。文法は中学・高校で学習したものが扱われるが、日本で学んだこととは多少異なることもあり、英語を学ぶ上で、かなり有意義な時間であったと私は感じる。また、クイーンズランド大学の学生に一人でインタビューへ行く授業もあり、刺激的なプログラムであった。
 そして、毎日あまり多くはないが課題を出されるため、ホームステイ先でも英語の学習を行うことができる。最後の週にスピーキング、ライティング、リスニングのテストがあり、5週間で培ったスキルを確認することができる。

▲クラスメートとAussieBBQ!

日常生活について

 次にホームステイ先での生活や放課後、休日の過ごし方について述べる。
 ホームステイ先のホストファミリーにも良し悪しがあるようで、私のクラスメートも何人かホームステイ先の変更を行なっていた。私のホストファミリーはホストマザー、ホストファザー、3歳のホストブラザーと1歳のホストシスターの四人で、みんなとても良い人たちであった。朝ごはんと夜ご飯は必ずホストマザーが用意してくれて、シャワーも私の家は自由に浴びることができた。

▲Host motherが作ってくれたタイ風パスタ


 基本的にホストファミリー側から留学生に干渉することはあまりなく、自分から積極的に会話をしに行くのが会話力向上のためにも良いと感じた。
 一方でいくつか困ったこともあった。私の場合、洗濯の回数が少なかったり、自分用のドライヤーがなかったりしたので多少の不便を感じたことだ。
 授業が昼には終わるため、放課後は友達と大きなショッピングセンターに行ったり、cityまで出て行ったりと様々なことができる。ICTE側でもいくつかアクティビティを用意しており、前もって予約すれば、オーストラリアの文化に触れられる様々な活動をすることができる。休日は、シドニーやモートン島という島に行ったりと有名な観光地にも行くことができた。またバスや電車でゴールドコーストというビーチやドリームワールド、ムービーワールドというテーマパークなどにも行き有意義な休日を過ごすことができた。

▲SydneyにあるQueenVictoriaBilding

費用について

 最後に滞在中にかかる費用であるが、工夫をすれば生活自体にはあまりお金はかからないと私は感じた。毎日の昼食代に一番お金がかかったが、スーパーで食材を買って自分で昼ご飯を作ったり、大学内で安く食べられるところで済ませたりと、きちんと工夫していれば、かなり食費は抑えられるだろう。シドニーやモートン島のツアー代などを抜けばオーストラリアでの滞在費は7〜8万前後である。

おわりに

 以上が私の留学の体験レポートであるが、きっとこのレポートでは、その楽しさや多くの発見などは10パーセントも伝えることができていないと思う。実際に目で見て、耳で聞いて、色々な人と触れ合うことでその有意義さが初めて伝わると私は思う。ぜひ、このプログラムに参加して、英語力だけでなく、多くの発見や体験をしてほしい。

▲人気のIndooroopillyでBoost!