福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【オーストラリア】クイーンズランド大学語学研修レポート

国際交流ブログ

【オーストラリア】クイーンズランド大学語学研修レポート

【派遣先】クイーンズランド大学【留学期間】2017年8月~9月
人間発達文化学類2年 八鍬 美穂

 私は2017年8月24日から9月30日までの約1か月間、オーストラリアのクイーンズランド大学に短期留学しました。私は以前から留学しようと考えていたのですが、留学しようと決意したのは、英語の授業で配られたこのプログラムの募集要項がきっかけでした。私は海外に一度も行ったことがなかったので、締め切りのぎりぎりまで行くかどうか悩みましたが、家族からの後押しもあり、思い切って参加することにしました。今となっては参加して本当に良かったと思います。というのも、この5週間は本当に素晴らしいものだったからです。

 

授業について

 授業は、クイーンズランド大学の附属語学学校であるICTEで行われます。そこには世界中からたくさんの人が英語を学びにやってきます。初日に4技能のテストを受け、クラス分けが行われます。クラスは午前と午後に分かれるのですが、私は午前のクラスでした。授業内容はその日によって異なり、Writingだけの日があれば、speakingとListeningの日もありました。授業では、ニュース番組を見たり、クラスの人と英語を使って会話をしたりと、とてもバラエティに富んでいました。
 一番楽しかったのは、クイーンズランド大学で学んでいるネイティブの学生にインタビューするというものです。生徒が飽きることのないように様々な工夫がなされていると思いました。

▲クラスメイトとの写真

ホームステイについて

 私がお世話になったファミリーはマレーシア人でしたが、英語はペらぺらだったので、特に困ることはありませんでした。マザー、シスター、中国人留学生の3人暮らしでした。シスターはクイーンズランド大学の学生で、一緒に学校に行ったり、勉強を教えてもらいました。留学生の子とも、学校の話をしたり、休日に一緒に出掛けたりしました。
 ホームステイの良いところは、毎日英語に触れられる点にあると思います。学校の授業はもちろん英語ですが、日本人が多いため授業が終わるとどうしても日本語で会話をしてしまいます。ところが、家に帰ると当然英語での会話になるので、Speaking, Listeningの練習にもなります。最初は緊張して自分の言いたいことが相手に伝わらずに泣きそうになりましたが、根気強く伝える努力をしました。向こうでは日本と違って、はっきりと伝えなければわかってくれません。話の途中で「あなたは結局何を言いたいの?」とマザーに言われることが多々ありました。わからないことや困っていることはすぐに伝えることが大切だとわかりました。

観光について

 大学の近くにはブリスベンという大きな都市があり、そこで買い物や食事を楽しむことができます。とても都会で、平日でもにぎわっています。また、ブリスベンのすぐ近くにサウスバンクという場所があり、人工ビーチや無料で入れる博物館、バーベキュースペースがあり、学校帰りに立ち寄ることもありました。
 休日は遠くに出掛けることが多かったです。まずは、ブリスベンから電車とバスで2時間弱のところにあるゴールドコーストという観光地です。ここにはビーチがあり、砂浜で遊んだり、貝殻を見つけたりして楽しみました。近くにはアミューズメントパークもあり、私はムービーワールドに行きました。最後の休日は泊りがけでシドニーに出掛けました。飛行機で1時間30分ほどかかります。オペラハウスやフィッシュマーケット、タロンガ動物園などに行きましたが、とても楽しかったです。ブリスベンとは違った、落ち着いた都会の雰囲気を味わうことができました。



▲サウスバンクから見たブリスベン


▲ゴールドコーストのビーチ

最後に

 冒頭で述べたように、この研修は私にとってかけがえのない経験となりました。本当に参加してよかったと思います。英語を実際に使うことで、今の自分の英語力がどの程度なのかを知ることができ、英語に対するモチベーションアップにつながりました。また、海外の文化を知ることもでき、少しではありますが異文化理解にもつながったと思います。
 もし留学で迷ってる人がいれば、まずこのプログラムをお勧めします。短い期間ですが、とても充実した毎日を送ることができます。必ず「行ってよかった」と思えるプログラムです!このレポートが私のように悩んでる人に、少しでも役立てていただけたら幸いです。