福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【オーストラリア】クイーンズランド大学研修レポート

国際交流ブログ

【オーストラリア】クイーンズランド大学研修レポート

【派遣先】クイーンズランド大学 【留学期間】2017年8月~9月
経済経営学類3年 石川 裕紀



はじめに

 私は8/24~9/30までの5週間、オーストラリアのブリスベンにある、クイーンズランド大学(UQ)での短期語学研修に参加しました。この研修への参加を決意した動機としては、大学2年生の時に友人といったタイ旅行にあります。タイは、様々な国籍の観光客にあふれており、私の友人は英語が堪能なこともあって、たくさんの外国人と友達になり、私にいろいろなことを教えてくれました。そうしたこともあって、私も英語を話せるようになり、世界中に友達をつくれるようになりたい、と思ったことがきっかけでこの語学研修に参加しました。振り返ってみると、この5週間は毎日が初めての連続で実りのある夏休みであったと思います。

オーストラリアの生活

ホームステイ

 私を受け入れてくれたホームステイファミリーは子どもが自立し、ゆったりとした生活を送っていたファザー・マザーの2人でした。広い庭、ドラマでしか見たことがないような大きいキッチン、ピザ窯まである素敵な家で、快適な暮らしができました。休日には、夜景の見える丘やレストランへ連れて行ってくれたりと、とても優しいファミリーでした。終わってみればそう思えるのですが、初めのうちは文化の違い・コミュニケーション不足などで苦労しました。自分のファミリーの英語はオーストラリア訛りが強く「これは本当に英語か?」と思うほどに聞き取りができず、話すことがとても億劫でした。

 分かっていないことを「YES」と答えてしまったことで、不信感を与えてしまうことも多々あったと思いますが、これではダメだと思い、自分の要求をはっきり伝えるようにしたところ、自分のファミリーは辛抱強く、ゆっくりと話すなどの工夫をしながらコミュニケーションを取ろうとしてくれました。初めのうちから自分の要求をはっきりと相手に伝えていれば、しっかりとコミュニケーションがとれていたと思うので、わからないということを口に出すことは大切だと思います。

学校生活

 私たちはUQの英語語学学校(通称;ICTE)で、毎週月~金、8:15~12:45までの4時間(休憩30分)英語を集中的に勉強しました。スピーキング、ライティング、リスニング、リーディングの授業がありますが、いずれの授業でも英語で話す時間が多くあり、はじめのうちは自分の趣味でさえもまともに話すことができない自分に腹が立ち、泣きたくなることもありました。しかし、ネイティブの先生が日常会話を重点的に教えてくれるので、そこでのインプットをもとに間違いを恐れず、積極的にコミュニケーションをとっていくうちに、徐々に上達していきました。そして、異国籍のクラスメートと交流することで、多様な考え方・価値観を知ることができたと思います。

観光

 平日の午後はフリーな時間なので、シティに行って映画を見たり、留学生の皆とサッカーをして楽しみました。休日はドリームランドやゴールドコーストへ行き、動物園でコアラを見たり、飛行機でシドニーに行ったりとお金と時間の許す範囲内でオーストラリアを遊び尽くすことができ、充実していました。

おわりに

 この留学では、いままで勉強してきた英語が無駄ではなかったと認識でき、持っていた知識が、活きたコミュニケーションツールとなるという経験ができました。そして更に「英語を学び、海外で英語を使って仕事をしたい」という思いが強くなり、非常に有意義なものとなりました。もし参加を悩んでいる人がいましたら、ぜひ一歩足を踏み出してみてください。