福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【韓国】韓国の留学生活について

国際交流ブログ

【韓国】韓国の留学生活について

【派遣先】韓国外国語大学 【留学期間】2017年8月~派遣中
人間発達文化学類3年 櫛田 くるみ

 私は現在、韓国外国語大学に留学しています。韓国は日本と様々な部分でかなり似ていて、こちらでの生活は今のところ不便や不自由がなく過ごせています。物価は日本に比べてかなり安いのであまり金銭的にも負担がかかりません。食べ物はイメージ通り辛いものばかりですが、韓国料理はとても美味しくて安いので、毎日学食、外食でも飽きることはありません!
 また、日本と距離が近いので何かあった場合すぐ帰国できるのも利点です。

 大学生活については、平日は毎日9時から1時まで韓国語の授業があり、午後は基本的に自由に過ごしています。クラスは少人数で、私のクラスは12カ国から来ている12人の生徒で構成されており、授業以外では基本的に英語を話しています。これが私が韓国外国語大学を選んだ理由の1つで、最も魅力的な部分だと思います。
 ほとんど韓国語を話せない状態で留学しましたが、韓国語はもちろんのこと、英語のスキルも伸ばすことができていると実感しています。これは外大ならではのことだと思います。元々英語を勉強したかった私にとっては、韓国に留学していても、英語圏の人々と会話ができ、生きた英語を知ることができるのでとても良い環境です。

 また、本当にたくさんの国から留学生が来ているので、世界中に友達ができることに加え、異文化の交流がとても盛んです。留学後も、ここでできた友達の国を訪ねたりすることができるので、拠点ができて留学後も世界と繋がっている状態を作ることができます。
 もちろんどうしても異文化を理解するのが難しい時や、日本と似ているとはいえ慣れない環境に適応するのが大変な時がありますが、それも1つの勉強として吸収するという経験ができるので成長に繋がっている気がします。

 授業後や休日は、友達と観光地に遊びに行ったり、学校が主催するイベントに参加して充実した日々を過ごしています。韓国外国語大学では、留学生を支援する学生団体が、留学生同士で交流できるイベントを定期的に企画してくれるので、留学生や韓国人の友達をたくさん作ることができます。
 
 留学前は日本人とばかり話すのは良くないと思っていましたが、今は日本人の友達の大切を実感しています。大事な連絡や、何か困った時に助けを求める伝があるのは心強いし、韓国語を学びに来た日本人として、お互いに刺激し合えるので、なにかと決めつけて行動するのは良くないな、と感じました。
 最初の3ヶ月は初めてのことや学ぶことが多すぎて、時間が過ぎるのがとても早く感じました。この3ヶ月だけでさえ充実しているように感じていますが、まだまだ多く学ぶことがあると思うので残りの生活が楽しみです。