福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【オーストラリア】中間レポート

国際交流ブログ

【オーストラリア】中間レポート

【派遣先】クイーンズランド大学   【留学期間】2018年2月~派遣中
人間発達文化学類4年 大水 もも

 大学1年生の時から憧れていた「クイーンズランド大学 (UQ)」での留学生活がスタートし4ヶ月程が経ちました。ブリスベンは本当に素敵な街で、日を重ねるごとに好きになっています。ここでの留学生活を通して感じたことを、以下にまとめたいと思います。

▲憧れ続けたUQのキャンパス。自分がここで過ごしていることが信じられないくらいです。芝生の上で友達と話す時間が大好きです。

 

生活面

 私は今ホームステイをしています。留学生は大体シェアハウスや学生寮に住んでいますが、私はホームステイを選びました。シェアハウスや学生寮でも生活してみた結果です。ホームステイの方が、オーストラリアの生活を感じ、ネイティブと会話をたくさんできると感じたからです。ホストマザーとは友達のような関係で、毎晩彼女とテレビを観ておしゃべりをするのが一番大好きな時間です。彼女はどこに行くにも、私を連れて行ってくれるので、オーストラリア生活を満喫しています。
 また、授業後や週末はイベントを見つけて、 オーストラリア人と中国人の親友といつも出かけています。イベントが毎日のようにあるので、交流の場が多くとても楽しいです。

▲ホストマザーの家族とマーケットに行った時です。オーストラリアは周りにいる人が「全て友達」というフレンドリーな雰囲気で、本当に住みやすいです。


▲中国人の友達の家で餃子作り。本場の味をオーストラリアで楽しみました。

 もちろん、このように楽しいことばかりだけではなく、辛いこともたくさんあります。最初は友達をつくることに行き詰まったり、歯医者で10万円(海外医療費は本当に高いので、留学行く前に絶対行くべきです‼)、パソコンのウイルス感染で5万円かかったり、 銀行の手続きがうまくできなかったりと、挙げればキリがないです。しかし、日本ではできない人生経験だと言い聞かせて 、毎日生活しています。

▲住んでいる周辺の夜景です。とても綺麗なので、毎晩ウォーキングしながら夜景を楽しんでいます。

勉強面

 私は履修制限がかかっていたため、1セメは"Academic Writing", "Music History", "World Religion"の3科目をとっていました。この3科目でも、授業についていくのが大変でした。特に、"World Religion"の授業は印象に残っています。宗教というものに馴染みがなく知識も何もなかったので、教授や周りの学生の議論について行くのが本当に大変でした。しかしその分、新しい世界を見ることができて、面白かったです。またこの授業の初回で、教授が「あなた方はもうLearner receiver ではなくLearner seekerである」という話をしてくれました。この考えが根付いている周りの学生は、授業中どんどん質問し、意見もどんどん出していました。この学びたいという姿勢から、自分の学びに対する姿勢を見直すことができ、とても良い刺激になりました 。

 この1セメは、「英語ができない自分」より「知識の少ない自分」「物事に対する意見を持っていない自分」に落ち込むことが本当に多かったです。英語はもちろん大切ですが、その前に物事に対する意見がなければ、発言することができません。英語力よりも、「周りのことに目を向け、それに対して考える力」の方が重要だと気付きました。これが何よりも、1セメの一番収穫だと思います。本当に留学してよかったと感じています。

 

4ヶ月で得たこと

 私は、大学4年生になるギリギリまで留学か教員採用試験を受けるかで 悩んでいました。〈勉強面〉でも書きましたが、英語力の前に「物事に対して考える力」が足りないことに気付いたことで、将来自分がやりたいことを見つけることができました。英語力というよりも、将来やりたいことを見つけることができたことに、とても達成感を感じています。

 

残りの留学生活での目標

 残りの留学生活7ヶ月では、何事にも興味をもって分からないことは日本語、英語に関わらず、情報を得ることを続けていきたいと思います。また、1セメでは、あまりにも人との交流を重視しすぎて、勉強面で自分を追い込んでしまうことがありました。この反省点から、人との交流を大切にしながらも「計画的に勉強をする」という当たり前のことを当たり前にこなしていきたいと思います。

 また、6月下旬からの冬休みはシドニーの幼稚園でボランティア活動、2セメ後の11月下旬からはタスマニアの小中高で日本語教員ボランティア活動をする予定です。挑戦する心を毎日忘れず、残りの留学生活を楽しんでいきたいと思います。

 

留学を考えている皆さんへ

 留学をするというのは、金銭面や就職の時期などと色々考えてしまうと難しい決断になると思います。私もそのことで、進路を決めなければならないギリギリの時期まで悩んでいました。しかし、「留学したい」「留学して〇〇したい」という強い気持ちがあれば、周りの人もきっと応援してくれると思います。 もちろん留学してから、様々な困難はありますが、それ以上に楽しいことや学ぶことはたくさんあります。少しでも「留学したい」という気持ちがあるのであれば、その気持ちを大切にしてください。福島大学には親身になって、相談にのってくださる国際交流センターの皆さんがいます。まずは、一歩踏み出してみてください。