福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【オーストラリア】クイーンズランド大学短期語学研修レポート

国際交流ブログ

【オーストラリア】クイーンズランド大学短期語学研修レポート

【派遣先】クイーンズランド大学 【留学期間】2018年8月~9月
経済経営学類2年 岡 夏帆

 

はじめに

 私は5週間、オーストラリアのクイーンズランド大学付属英語学校に語学研修に行った。研修の目的は3つあった。第一に視野を広げること、第二に語学力の向上、第三に現地の生活を経験することである。

 以下では、授業、ホームステイ、現地での生活と観光の3つのパートに分けて記述する。

 

授業

 初日にレベル分けのテストが行われ、翌日から振り分けられたクラスでの授業が始まった。私のクラスはタイ人、オマーン人、韓国人の3人以外は日本人のクラスだった。最初は日本人の多さに驚いたが、意欲的な人が多く居心地のよいクラスだった。先生はとてもフレンドリーで、授業中によくジョークを言って授業を楽しませてくれた。授業は主にスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの4技能を学べるよう構成されていた。私のクラスでは会話や議論を行うペアワークが多く、スピーキングとリスニングの苦手な私にとってはありがたかった。

 5週間の授業を通して学んだことは自分の意見を持つことの大切さである。ペアワークでは様々なテーマについて会話するのだが、みんながしっかりした自分の意見を持っていて刺激を受けた。

 また、間違えた文法でもいいからとにかく口に出してみることが英語力の上達につながると感じた。はじめは頭の中で完璧にしてから話そうという意識があったため、会話が思うように続かなかった。しかし、恥ずかしがらずに口に出すことで会話がはずみ、もっと英語を話したいと思うようになった。

 

ホームステイ

 私のホストファミリーはマザー1人と犬1匹で、マザーのボーイフレンドがよく遊びに来た。立地は大学までバスを乗り継いで片道40分くらいで、家の近くには大きなスーパーやレストランがあり便利な環境だった。ホストファミリーは優しく、緊張していた私を温かく迎えてくれた。食事の時間や夕食後にはマザーとたくさん会話した。最初は緊張して少ししか話せなかった。しかしマザーは私の話を常に笑顔で聞いてくれて、英語が聞き取れずに聞き返した時もいやな顔せずに何度も繰り返してくれた。毎日の会話を通してマザーは私に英会話の楽しさを教えてくれた。また、マザーの作る料理はすべて美味しく、毎回違うメニューを出してくれたので食事の時間が楽しかった。マザーのボーイフレンドは陽気でとてもフレンドリーで、いつもジョークを言って私を笑わせてくれた。犬はパワフルで人懐っこく、家に帰ると毎日一緒に遊んだ。私は犬が大好きなので毎日癒やされていた。

 ホストファミリーとの一番の思い出は、マウントクーサという山にマザーと行って夜景を見たことである。展望台からは美しいシティの景色を見ることができた。夕食の前にそこでデザートを楽しみ、マザーとたくさん話した。マザーが、英語が上達したねと褒めてくれたときはとてもうれしかった。

 ホストファミリーと過ごした時間は私にとって大切な思い出になった。私を受け入れてくれたことに感謝している。


▲マザーが作ったナチョス

 

ブリスベンの生活と観光

 ブリスベンでの生活の中で最初に驚いたことはバスの乗り方が日本と異なることである。バスは手を挙げて合図しないとバス停に止まってくれない。また降りるときはアナウンスがないため、自分で景色を見たりグーグルマップを使ったりして確認し、降りるバス停の手前でストップボタンを押す。そのため、マザーが一緒に一度大学まで行ってくれて、乗り方を教えてくれたのはとてもありがたかった。また、フレンドリーな人が多いことにも驚いた。バスに乗るときや降りるときはほとんどの運転手が挨拶してくれた。乗客も降りるときにはお礼を言う人がほとんどだった。道を尋ねてもみんな親切で、穏やかで温かい人々が多く話しやすかった。語学研修の途中にはスマートフォンのWi-Fi機能が故障して使えなくなるというハプニングもあったが、それも含め毎日が新しい発見の連続で楽しかった。

 次に観光についてだ。私はほとんど毎週末には様々なところに出かけた。ブリスベンシティをはじめ、モートン島、ケアンズ、ゴールドコースト、ローンパインコアラサンクチュアリなどに行った。シティには平日の午後にほとんど毎日行っていた。たくさんの店がストリートに沿って並んでいて買い物や映画を楽しんだり夜にはリバー沿いでシティの夜景を眺めたりした。モートン島ではシュノーケリングが一番印象に残った。たくさんの魚が近くまで来て驚いた。ケアンズではグリーン島に行き、グレートバリアリーフで美しい海の景色を見ることができた。ゴールドコーストでは一日のうちに海と動物園に行くという贅沢な時間を満喫できた。そして、ローンパインコアラサンクチュアリという動物園では人生初のコアラの抱っこをすることができた。コアラは思っていたよりずっしりしていたが、近くで見るとさらにかわいくて癒やされた。

 

最後に

 私は語学研修を通して自分の勉強に対する姿勢や、様々な物事に対する考え方が大きく変わったと思う。現地での生活は毎日が新鮮で外に出ることでたくさんの刺激を受けた。そのため、帰国後は今まで興味のなかったことまでもっと知りたいと思うようになった。また、実践的な英語を身に付けようとする姿勢がいかに大事か身にしみて感じた。英語で会話をする際に伝えたいことが英語でうまく伝えられないというもどかしい思いをしたので、さらに英語の勉強の仕方を改善して向上させたいと思っている。将来英語を使う際に、言葉の壁なくしてコミュニケーションを取れるようになることを目標に頑張りたい。

 このような貴重な経験ができたのは周りの方々の支えがあったからである。国際交流センターの先生方、一緒に行ってくれた友達、ホストファミリー、オーストラリアで出会った方々、そして語学研修に行かせてくれた両親に感謝している。


▲ブリスベンシティの夜景