福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【オーストラリア】UQ研修レポート

国際交流ブログ

【オーストラリア】UQ研修レポート

【派遣先】クイーンズランド大学 【留学期間】2018年8月~9月
経済経営学類2年 佐藤 優太

 

 私は5週間のUQ研修で初めての海外生活、語学留学を経験し、毎日英語漬けの生活で大変なこともありましたが、毎日が新鮮で有意義な夏休みを過ごせたと思います。

ホームステイについて

 私の受け入れ先のホストファミリーはおばあちゃん一人で、大学からバスで30分の地域に住んでいました。ホストマザーは留学生をよく受け入れていて、ホームステイに慣れているようでした。自分は英語が苦手なので、ホストマザーに自分の英語が伝わるかどうか心配だったのですが、ホストマザーは私が話す英語をいつでもちゃんと聞いて違う所を教えてくれたり、私が理解できるようにゆっくり英語を喋ってくれました。そのおかげで学校での出来事やオーストラリアのニュースなど様々なことを話すことができて、英語で会話しているのに日本語で話しているようでした。
 
 夜ご飯はハンバーガーなどからオーストラリアで親しまれている料理まで様々で、どれも美味しかったので、毎晩の夜ご飯が楽しみでした。私の家は夕食時間が6時半と決まっていて、毎日少し早めに家に帰る必要がありましたが、おかげでとても健康的な生活を送ることができたと思っています。シャワーやトイレは自分用のものがありシャワーはいつでも使うことができ、洗濯は週2回できたので生活で不便を感じることはありませんでした。

クイーンズランド大学

 大学で授業を受けるクラスは登校初日にあるテストで分けられました。私のクラスは18人中、日本人が半分ほどでそのほかは韓国・中国・ベトナム・コロンビア・アラブ首長国連邦と多国籍なクラスでした。授業内容自体はそこまで難しいものではなかったのですが、授業中は母国語禁止なのと英語を流暢に話せる人が多かったので、ディスカッションやグループでの活動は皆についていくので精一杯でした。

 授業は日本での英語の授業とは少し違っていてTalking活動がとても多く、発音も重点的に学習するといった感じで、常に集中して授業に臨んでいたので毎日大変でした。授業で思ったのは、日本人と英語で話す時は文法や発音が結構違っていても伝わりますが、同じ英語でも外国人と話す時は正しい文法や発音でないと伝わりづらいということです。でも、多くの国の学生と話すことで正しい発音が分かってきて、外国人にも伝わるように意識して話すことができました。そして休み時間や放課後にクラスメートと好きなアニメ、音楽の話やスポーツ、それぞれのお互いの国の文化や制度についても話せたので、いろんな考え方や英語の学び方に触れられとても楽しかったです。

 UQはとても広く、多くのスポーツ施設や美術館、博物館があり飲食店やカフェも数多くありました。私たちも参加できるActivityやWorkshopがほぼ毎日ありました。私は5週間のなかでコーラスクラブとアクセサリー作りとテニスに参加しました。その他にも格安で申し込めるツアーもあり、それを利用してMovie WorldやGold CoastやSpringbrook国立公園などへ行くことができました。

UQ研修を終えて

 私がこの研修を申し込んだ理由は、海外へ行ってみたいという思いと、この研修をきっかけに英語にもっと興味を持ちたいと思ったからです。結果としては、5週間という長い期間の生活で海外生活を満喫できました。また、学校や日常生活で話したくても伝えらないようなもどかしい思いもたくさん経験したので、英語をさらに勉強して、外国の人と流暢に会話をしたいと感じました。この研修だけで英語が得意にはならないので、今回学んだことを忘れずに英語力をつけていきたいです。


▲Cultural Centre から見えるCity

▲ストーリーブリッジ

▲GoldCoastのサーフィンスクール