福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【オーストラリア】UQレポート

国際交流ブログ

【オーストラリア】UQレポート

【派遣先】クイーンズランド大学 【留学期間】2018年8月~9月
行政政策学類2年 佐藤 絢

 私は8月24日から9月29日までの5週間、クイーンズランド大学のICTEという語学学校で英語の学習をしてきました。私自身、大学生活の中で最もやりたかったことが留学でもあったので、このオーストラリアで過ごした5週間は、大学生活のみならず、人生の中で特別な経験になりました。

 

ICTEでの授業とキャンパスライフ

 私たち語学留学生は、クイーンランド大学構内にあるICTEという所で授業を受けました。初日にクラス分けのテストを受け、2日目以降は、それぞれのレベルに合ったクラスに分かれて授業が始まりました。私のクラスは、18人のクラスで、日本人が11人、中国人が3人、台湾人が1人、タイ人が1人、サウジアラビア人が1人、コロンビア人が1人の生徒がいたクラスでした。授業内容はWriting、Speaking、Reading、Listeningを曜日ごとに違う先生が分けてそれぞれ勉強しました。

 授業では、教科書やプリントを使いながらの座学はもちろん、ほとんどの授業でクラスメイトと会話をする場面が用いられていました。他にも、私のクラスでは歌ったり、踊ったりしながら英語を学んだり、他のクラスとも交流しながら、友達の輪を広めながら楽しく学校生活を送ることができました。それぞれのクラスに担任の先生がいて、私のクラスの担任の先生は、週に1回クラスでなにかすることを宿題にしました。だから、クラスメイトとランチを食べたり、BBQをしたりと授業以外でも英語を使いながら日本人留学生以外と会話することができてとても刺激的でした。

  放課後は、街の方に友達と遊びに行ったり、UQのアクティビティに参加したり、良い思い出をたくさん作ることができました。

ホームステイ

  私のホームステイ先は、ホストファザーとホストマザーと15歳の長女と10歳の長男と8歳の次男の兄弟の5人家族でした。ホストファミリーはとても優しく、にぎやかな家族で、ホストファミリーがいたおかげで毎日とても楽しく送ることができました。最初は、ネイティブの英語を聞き取ることが難しく、会話に入れないことが多かったのですが、そのような環境で過ごしていると自然と聞き取れるようになり、会話することができるようになりました。

 基本的に週末は私の予定を優先してくれて、たまに私が何も予定のない日に、ご近所の家族とのパーティーに連れて行ってくれたり、親戚の家族の誕生会に参加させてくれたりしました。唯一の心残りといえば、子供たちともっとコミュニケーションをとったり、遊んだりできればよかったと思います。ですが、私を受け入れてくれたファミリーが本当にこのファミリーでよかったと思います。掛け替えのない時間を過ごすことができました。

 

休日

  週末の休日の多くは福大の研修メンバーと一緒にゴールドコーストの動物園に行ったり、モートン島でマリンアクティビティを楽しんだり、ケアンズにグレートバリアリーフを見に行きました。このUQ研修が始まる前までは、私自身一緒に参加する研修メンバーに友達はおらずとても不安でしたが、みんなとすぐに打ち解け合うことができ、この研修メンバーと出会えたことも、留学してよかったと思わせてくれる1つです。

 

現地でかかった主な費用

 オーストラリアは日本と比べて物価が高いのがとても印象的でした。滞在中、携帯を壊してしまうというハプニングがあり、現地で携帯を購入しました。また、たまにはランチをUQ構内にあるカフェで購入して食べましたが、基本的には家でサンドイッチを作っていったので少しは節約できたかなと思います。

食費 : 25000円
交通費(go cardチャージ代金) : 10000円
旅費 : 55000円
衣類 : 3000円
お土産 : 20000円
携帯購入費 : 40000円

 

終わりに

 この研修を通して、日本では経験できないかけがえのない5週間を過ごすことができました。そして、現地に住む人の温かさに何度も助けられました。留学に行くということは、マイナスなことは少なく、これからの人生の大きな経験になることばかりです。私は、本当にこのプログラムに参加してよかったと思います。