福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【中国】華東師範大学語学研修レポート

国際交流ブログ

【中国】華東師範大学語学研修レポート

【派遣先】華東師範大学  【留学期間】2019年2月~2019年3月
経済経営学類2年 羽田 真紀

授業について

 私は、1、2年⽣で韓国語を履修していたため、語学研修に⾏くことが決まるまで知っている中国語は「你好」ぐらいでした。⼤学に着いて、まず初めに⾏ったクラス分けテストでは、1‒1で発⾳などから学ぶ初級クラスでした。クラスは、⽇本⼈の他にタイ⼈、インドネシア⼈、韓国⼈、ドイツ⼈、フランス⼈、ブラジル⼈など、他のどのクラスよりもグローバルなクラスで、毎授業和気あいあいとした授業でとても楽しかったです。英語で中国語を学ぶので、中国語と英語どちらも学ぶことができました。プログラムが終わるころには、ピンインの読み書きや基本的な会話などが⾝につきました。


▲⼤家谢谢

⽣活について

 私たちは今回⼤学の寮で⽣活していました。部屋にはベット、シャワー、トイレ、テレビがついていて⽣活しやすかったです。⾷については、朝と昼は主に学⾷で⾷べました。値段は、朝だと5元、昼だと15元あれば⼗分⾷べられます。学⾷では現⾦は使わず、学⽣証にお⾦をチャージしてそれで払います。私は中国料理が⼝に合ったので⾷については全く問題ありませんでした。ただ、注⽂することが⼤変で、⾷べたいものが注⽂できなかったことが何度かありました。

中国で食べたもの ~☆☆☆評価~

▲⾁まん☆☆、シナモン⾵味の蒸しパン☆、⾖乳☆☆

▲チャーハン(?)☆☆☆、スープ☆

プログラムを通して

 今回、中国語も分からぬまま初めて上海に⾏って、不安もありましたが、⾔語が分からなくても、何とか伝わるし授業でも先⽣や他の国の学⽣みんな優しく、2週間では物⾜りないと感じるくらい充実したプログラムでした。プログラムに参加するか悩んでいるならぜひ参加して欲しいです!


▲⽕鍋


▲豫園


▲⽥⼦坊


▲外灘