福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【韓国】培材大学研修レポート

国際交流ブログ

【韓国】培材大学研修レポート

【派遣先】培材大学 【留学期間】2019年8月
経済経営学類2年 大橋 奈々

 私は大田にある培材大学というところで2週間の韓国語・韓国文化体験プログラムに参加してきました。韓国語だけでなく韓国文化も学べるということで、とても楽しみにしていました。

 まず、授業を受ける前にレベルテストがあり、そのあとクラス分けがされます。授業は全て韓国語で進められますが、みんなが分からなそうな単語はジェスチャーも交えながら説明してくれたので、理解しやすかったです。とてもフレンドリーな先生で、いい雰囲気で授業を受けられたように思います。最後の授業の日には韓国の伝統的な遊びを少し体験しました。例えば、韓国のおはじきであるコンギや、めんこなどです。どれもやってみると意外に難しく、クラスメイトも苦戦していました。
 文化体験では、テコンドーをしました。テコンドーのステージを見せてくれたのですが、飛びながら板を割ったりしていて、迫力がありました。私たちは基本の動きを学び、板も足や手で割りました。
 授業以外では、エバーランドという遊園地に行ったり、チーム対抗の体育大会をしたり、学生に向けてアンケートを取ったりしました。週末には大田をバスで移動し、カフェ巡りなどを楽しみました。

 寮は私のところは四人部屋でしたが、狭く感じることもなく、使いやすかったです。
 培材大学の周りには多くの食堂などがあり、サムギョプサルやカムジャタンなどを食べました。このプログラムではPILOTという培材大学の学生サポーターが各大学についてくれるのですが、おすすめしてくれた食堂が本当においしかったです。韓国料理はおいしいものが本当にたくさんあるので、食事も楽しみの一つでした。

 

 大田での日程が終わると、ソウルに移動し、そこで2日間過ごしました。1日目は参加者全員で散策した後、自由時間になり、私たちは漢江へ行きました。夜はライトアップされていて、きれいでした。2日目はコンサートを見ました。
 2週間の研修は学ぶことが多く、充実した毎日を送れました。お店の人も優しくて、周りから心配されていた日韓関係の悪化があまり感じられないぐらいでした。このような貴重な経験ができ、忘れられない一生の思い出になったと思います。PILOTの皆さんをはじめ、関わった全ての人に感謝を伝えたいです。