福島大学トップ福島大学の国際交流国際交流ブログ > 【オーストラリア】クイーンズランド大学語学研修レポート

国際交流ブログ

【オーストラリア】クイーンズランド大学語学研修レポート

【派遣先】クイーンズランド大学 【留学期間】2019年8月~9月
経済経営学類2年 星 涼音

 

 私は8月17日から9月21日にかけて、オーストラリアにあるクイーンズランド大学での短期語学研修に参加しました。以前から英語や海外文化に関心があり、英語力を向上させること、様々な国の人と関わりながら海外文化を学ぶことを目的にこのプログラムへの参加を決めました。このレポートでは、クイーンズランド語学研修で体験したこと、学んだことなどについて述べていきたいと思います。

 

大学での語学学習

 語学学習については、クイーンズランド大学に付属している英語学校ICTEで、1コマ2時間の授業を1日に2コマ受講しました。クラスは初日に受ける4技能のテストによって分けられ、日替わりでListening・Writing・Reading・Speakingの授業がありました。しかし、ICTEでの授業は、毎回どの分野の授業でも英語を話す機会が多くあり、自分の言いたいことを英語で考える習慣がつきました。クラスは日本人がほとんどでしたが、台湾やサウジアラビア、中国などから留学しにきた人もいました。
 授業中に話したときに、国によって英語の話し方の癖が違っていておもしろいなと思う反面、なかなか聞き取れず、会話がうまく続かなかったこともありました。 しかし、5週間一緒に会話したことで、徐々に聞き取れるようになり、会話もスムーズにできるようになりました。また、授業の中で意見を交換することが何度かあったのですが、国によって考え方や常識が違っており、文化の違いも学ぶことができておもしろかったです。ICTEでの授業を通して、文法や単語を勉強することも大切ですが、それらを実際に使って日常会話をすることが、とても実践的で自分の実になると感じました。


 

ホームステイ

 私を受け入れてくれたホストファミリーは、マザーとマザーの恋人と、4人の子供で、ペットも飼っており、とてもにぎやかな家庭でした。私のホストマザーはシングルマザーで、仕事と家事を両立していたため、とても忙しそうでした。初めのうちは、英語に慣れておらず、聞き取ることができなかったため、何度も聞き返してしまい、いらいらさせてしまったことが何度かありました。しかし、マザー主催の料理教室に参加させてくれたり、ほとんど毎日夕食を一緒に作らせてくれたりと、忙しい中、家族と関わる機会を多く設けてくれました。また、ホームステイでは家庭のルールをしっかり確認し、連絡を取り合うことがトラブルをなくすために大切だなと思いました。今回の研修で、一番自分の英語力の不足を実感でき、また成長を実感できたのもホームステイだったと思います。楽しいことだけではなかったですが、つらかったことも含め、自分の経験になったので良かったと思います。

 

観光

 授業は午前中で終わるため、放課後や学校が休みの休日は、ほとんど友達と出かけていました。たくさん出かけましたが、私が一番楽しかったのはmovie worldとwet'n wildというアトラクション施設です。遊園地でさえも文化の違いが感じられ面白かったです。また、学校の近くに大きなシティがあったので、そこで買い物をしたり、ご飯を食べたりしました。

他にもきれいな海を見ることができる場所もたくさんあったので、ぜひ行ってみてほしいと思います。オーストラリアは物価が高いので、自分が買ったものと値段を記録しておいた方が、クレジットカードや現金などの使い方を考えるきっかけになるので良いと思いました。英語を学ぶことも大切だと思いましたが、友達と日本ではつくれない思い出をつくることも私は大切にしたいなと思いました。オーストラリアでみんなと過ごした時間は、私にとってとても大切な時間になりました。

おわりに

 今回のこのプログラムが私にとって初めての海外で、オーストラリアに行く前は不安でいっぱいでしたが、実際に行って様々な国の人と交流し、英語を学ぶことができ、とても充実した37日間になりました。楽しかったことも、つらかったことも全て自分のためになったと思っています。37日間という短期の留学でしたが、自分の英語力を伸ばし、異文化を理解できるとても素晴らしい経験ができて本当に良かったです。これからも英語を勉強して、今回の留学で学んだことを活かしていきたいです。