福島大学トップ福島大学の国際交流 > 最新情報

その他:最新情報

 福島大学に係る最新情報をお伝えします。

12月14日(金)、一般財団法人日本国際協力センター(JICE)が主催する事業「JENESYS2018 SAARC第1陣(テーマ:農業)」の一環として、アフガニスタン10名・パキスタン5名・モルディブ6名・バングラディシュ6名、計27名の訪日団が本学を訪れました。はじめに塩谷国際交流センター長より「...

 2018年度行政政策学類比較文化講座セミナーのゲストスピーカーとして、地域政策科学研究科2年の森岡修人さんが招かれました。 森岡さんは2017年9月~2018年8月の一年間、ドイツ・ルール大学ボーフムに交換留学生として派遣されており、セミナーでは、ルール大学ボーフムでの講義やドイツでの生活、ヨーロ...

福島大学の学生を対象としたIELTS(International English Language Testing System)を下記のとおり実施します。英語力を試してみたい方や留学を考えている方は是非この機会にチャレンジして下さい。●日 時 2019年2月14日(木) 8:30集合予定 ●会 場...

TOEFL ITPは、米国等の大学への留学に要求されるTOEFL iBTと同じ作成機関であるETS(Educational Testing Service)が提供する 団体向けテストです。内容はiBT導入前に使われていた筆記試験(PBT)と同じもので、iBTと高い相関関係があります。学内で受験出来ま...

 2018年10月3日(水)、平成30年度後期入学の交換留学生18名と国費留学生1名、研究生1名が、中井学長を表敬訪問しました。 最初に中井学長から歓迎の言葉がありました。「福島大学と、福島での学びを活かして、有意義な留学生活を過ごして頂きたい」との言葉に、留学生たちはは真剣に耳を傾けていました。ま...

「大学の世界展開力強化事業」平成29年度トルコ派遣が、2018年3月12日~3月21日にかけて行われ、本学からは学生2名と職員2名が参加しました。本プログラムは新潟大学と共同で実施され、新潟大学からは学生3名と教員3名が参加しました。  参加者はアンカラ、アンタルヤ、イズミールの3都市を9日間で周...

2017年9月からドイツのルール大学ボーフムへ交換留学中の森岡さんが、ルール大学公認のフォトグラファーに任命されました。カメラが趣味の森岡さんは、留学してから大学内の写真をたくさん撮影していたそうです。それを偶然知った大学の関係者の方が、広報に使わせてほしいと森岡さんに依頼しました。担当者とのやりと...

  平成29年度郡山市ハンガリーフェア(2月1日から28日まで開催)に先立ち、オープニングセレモニー「ハンガリー大使を囲む夕べ」が平成30年1月31日に郡山市の郡山モノリスで開催されました。  食用鯉の生産量が日本一である郡山市は、海外の販路開拓先として、鯉を食べる文化があるハンガリーと友好関係を結...

 文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」5期生に福島大学から初めて採用され、昨年10月に帰国された人間発達学類4年の岡田美優さんが、1月10日中井学長を表敬訪問し、留学の成果を報告しました。  岡田さんは2016年の10月からドイツのケルンにて、ドイツの障がい者スポーツ協会や地域...

東日本大震災から6年半が経過した福島の現状を広く世界に伝えるため、視聴者数世界NO.1のドキュメンタリーチャンネンルDiscovery Channelにより「Fukushima Diaries」が制作され、日本を含む東南アジア全域(受信可能世帯数約2,700万世帯)で放送されました。3人の海外ブロガ...